ポリマーの限りない未来を求めて、私たちは考え、挑戦し続けます
本社 0761-55-3121
東京 03-3257-4061
未来の担い手たち

未来の担い手たちvol.8=作田勇太「業種や仕事や会社のスペックよりも、”びびびっ”と来る直感で選んだ。」

何よりも会社の雰囲気を重視

――会社選びで重視したのは?

多くの人は「自分のやりたい仕事」とか「会社の将来性」とかが大事だと言いますが、私が重視したのはその会社の「雰囲気」。

これからずっとそこで働くわけですから、社員の人たちの人柄も含めて、その会社の「人となり」ってとても大切だと考えていたからです。

就活は、数字や理屈で考えるよりも直感が大事

――根上工業との出会いは?

初めて接触したのは、最終となる東京開催の合同説明会。地元(石川)就職を考えていたので、それまで何度か開催された合同説明会には参加し、電気関係の地元企業10数社と接触していました。最終開催となる説明会では、初めての会社のブースを訪問したのですが、そのひとつが根上工業でした。

冊子を見たら化学メーカー。私は電気電子系だったので「あんまり関係ないけどちょっとのぞくか・・・」と軽い気持ちで・・・(笑)。

――そうしたら「びびびっ」っと?

はい。学生を前にプレゼンされたのですが、その時の雰囲気とプレゼンターのお人柄に惹かれました。この会社で働きたい、こんな人たちと一緒に仕事をしたいと、真剣に思いました。

その会社の中で自分が気持ちよく働いていけるかどうか。それって、とても大事なことだと思います。それは、会社をスペックであれこれ評価している限り、分からない。

数字や理屈であれこれ考えるよりも、「直感」の方がたぶん正しい判断ができると思います。

入社して1年経ちますが、自分の直感は正しかったな、と 。

工場の自動化を担当

――今どんな仕事を?

生産管理課で、生産設備のメンテナンスと自動化を担当しています。

いま与えられている課題は、あるラインの自動化というテーマ。

――機械システムの開発になるのですか?

そうなのですが、特殊な工程なので前例となるシステムや市販の設備はありません。だからゼロから考えていかなくてはならない。

他の業種――例えば食品づくりのシステムなどが参考になるかもしれない。

テレビの「シルシルミシル」なんかを見ながら、色々と悩んでいます(笑)。

身近な暮らしの中で役立つ製品

――学生諸君に会社のPRを

根上工業は知る人ぞ知る会社ですが、ここの製品は生活の中で様々な形で使われています。いい雰囲気の職場で楽しく働き、くらしに役立つ製品を一緒に作っていきましょう。