ポリマーの限りない未来を求めて、私たちは考え、挑戦し続けます
本社 0761-55-3121
東京 03-3257-4061
未来の担い手たち

未来の担い手たちvol.25=瀬川健太「【環境対応強化】が開発テーマ。 OA機器から車まで、その市場は大きい」

環境対応をテーマに製品開発に取り組む

――どんな仕事をしていますか?

新製品の開発です。

いま取り組んでいるテーマは、あらゆる産業界で高まっている「持続可能な開発目標(SDGs)」に対応した製品開発。樹脂製品のベースレジンや改質剤として使われている製品の「植物化度」を高めていくのが課題です。

――開発テーマは指示されるのですか?

私が個人的にやっていきたいと考えていたテーマと、会社の開発テーマが幸運にも一致。だからもう「好きなものつくってみろ!」と(笑)

――どんなところで使われる製品になりますか?

当社の製品は、いずれも幅広い産業分野で使われます。
いま開発しているものは当面、インキや塗料、建材、電子部品で使われることを想定しており、いずれは自動車などにも使われるものになっていけば、と考えています。

新しい機能を持つ物質の開発がやりたかった

――就活では、どんな仕事、どんな会社を目指しましたか?

大学院では、有機化学を専攻し光反応を研究していました。だから機能性を付与できる中間材料を開発することに興味がありました。物質の組み合わせで、機能をカスタマイズしていけることの面白さと将来性から、そんなテーマに取り組んでいる会社で働きたい、と。

――根上工業のことは知っていたのですか?

実は近年、私の卒業校から多くの人が入社していまして・・・学内でもクチコミで「ちょっと変わった面白い会社があるぞ」というウワサが立っており、わたしもそれを耳にしていました(笑)

試作から量産まで、ものづくりの全プロセスに関われる

――入社の決め手は?

当社の他にも、化学メーカーや製薬系の会社に就活しましたが、決め手になったのは私がやりたかったことと、会社の事業が一致していたこと。

研究から試作、量産まで、ものづくりのすべてに関われることも魅力でした。大会社だと分業化されていますが、当社は違う。それが盛んな製品開発の原動力になっていると思います。

――職場の雰囲気は?

風通しがいい。。

問題に突き当たったり迷ったりしたときには、部門が違っても誰かがアドバイスや指導をしてくれる。そんな風土もまた、当社の開発力の源になっていると思います。