ポリマーの限りない未来を求めて、私たちは考え、挑戦し続けます
本社 0761-55-3121
東京 03-3257-4061
未来の担い手たち

未来の担い手たちvol.12=道林芙美子「研究職から業務職志望へ。根上工業との出会いで、迷いが吹き飛ぶ。」

迷いながらの就活

――どんな就活をしましたか?

大学で学んできたのが生物学。脳神経の研究でした。
理系出身なので、なんとなく化学や食品・薬品系の会社を志願していました。職種も漠然と「研究開発系かな」と。

けど私自身は「どうしても開発の仕事をしたい」という強固な意志を持っていたわけではありません。ただ何となく・・・。

いろんな部署との出会い

―――そんな中で根上工業に出会ったのですね?

はい。化学の会社だし、とりあえず研究職で応募しておくか・・・と、そんな感じでした。

採用担当者のお話を聞く内に、私はこの会社に入りたい思いがだんだん強くなってきました。研究だけでなく、営業・総務・品保・業務等どれもこれもやりがいある仕事と思ったんです。そして採用試験は研究職でなく業務職で受けました。

もうひとつの自分を発見

――明るい自分を見てほしい

思いが通じ採用されました。

会社訪問の際の窓口の雰囲気も良く感じ、すぐに溶け込めました。自分の良さ(いつも明るく笑顔がモットー)を活かせるのは今の職場だと確信持っています! 根上工業との出会いで、新しい自分を見つけられました。

10人10色、活躍の場がある

――今はどのような仕事を?

営業部業務課に配属されています。営業をサポートするための仕事です。製品の出荷、在庫管理、お客様との間での納期調整などを担当しています。

――会社の雰囲気は?

アットホームで、楽しい。
先輩から厳しく指導される場面もありますが、愛情たっぷり注がれていると感じます。また社長との距離もとても近いです。

10人10色、活躍の場がある

――仕事で取り組んでいることは?

業務の合理化、効率化がテーマです。帰宅後も、エクセルのマクロを勉強中。業務改善案をどんどん提案していきたいし、それを受け止めてくれる風土もある。10人10色の活躍の場がある――そんな会社だと思います。